令和5年度「ワンパク!たんけん中津」を開催しました。

公開日 2023年12月01日

更新日 2023年12月11日

 令和5年11月11日(土)~12日(日)、令和5年度「ワンパク!たんけん中津」を開催し、中津市内の小中学生21名が三光・本耶馬渓地域を訪れました。

 11日(土)は学びんぴっく(子ども中津検定、不滅の福澤プロジェクト ジュニア諭吉検定)を終え、最初の目的地である八面山に行きました。八面山平和公園・平和記念館・神護寺を三光観光ボランティア協会の中原さん、佐藤さん、片桐さん、金色さんにガイドをしていただきながら見学しました。その後、三光観光ボランティア協会、中津ライオンズクラブの方々と、八面山登山をしました。展望台からの景色を堪能し、その後箭山神社へ行き、神社の歴史について説明を聞きました。

 登山を終えた後は、本耶馬渓へ移動し、宿泊地やかた田舎の学校の桑津留さんご指導のもと、火おこし体験をしました。そして自分たちで起こした火で焚火をし、火を囲んでフォークダンスを踊りました。

 12日(日)は朝から枌洞穴へ行き、中津歴史博物館の丸山さん、衛藤さんに枌洞穴で発見された遺跡や、縄文時代の人々の暮らしについてのお話を聞きました。次に、やかた田舎の学校へ戻り、縄文時代に使われていたアクセサリー「玦(けつ)」を作る体験を行いました。縄文時代のことについて学んだ後は、やかた田舎の学校の桑津留さんご指導のもと、そば打ち体験を行いました。全員で力を合わせてそばを打ち、完成したそばをおいしくに食べました。午後からは、青の洞門へ行き、本耶馬渓観光ボランティア協会の久篠さんにガイドしていただきながら見学しました。その後は5月頃に青の洞門前に咲くネモフィラの種をまく体験をしました。ここでは青にこだわる実行委員会の河野さん、村上さんにネモフィラを植えるようになったいきさつなどをお話していただきました。

 帰り着いて、参加者全員で1泊2日を振り返り、発表しました。「初めての体験ばかりですごく楽しい2日間だった」「八面山展望台の景色がきれいだった」「友達や家族、知り合いに、今回知った中津の魅力を広めたい」などの感想がありました。

 中津ライオンズクラブの新居会長から「皆さんと一緒に楽しむことができてよかったです。これからも中津市について、もっと魅力を知っていただきたいです。」とお話をいただき、お土産に諭吉コルリのカレーと沖代ドーナツをいただきました。子どもたちの成長を感じた二日間でした。

お問い合わせ

社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-0058 大分県中津市豊田町9番地10
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492

このページについてお聞かせください